多すぎは危険信号|悪玉コレステロールを減らす健康法

2人の女性

血液をさらさらにする成分

腹部

悪玉コレステロールが増加すると、血栓が詰まりやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞を招きます。予防するには、血液さらさら効果のあるDHAが最適です。この成分は青魚から摂取できます。普段の食事から補いきれない場合は、健康食品で摂取すると良いそうです。

読んでみよう

動脈硬化の原因となる成分

錠剤

悪玉コレステロールが増える原因は老化です。中高年になったら若い頃のような食生活は控える必要があります。悪玉コレステロールが溜まると動脈硬化などを発症する危険が高くなります。予防するにはEPAやDHAの多い青魚を食べることです。それらのサプリを飲むのも効果があります。また運動をすることも大事です。

読んでみよう

大病を防ぐ生活習慣

運動する女の人

サプリメントが人気の理由

健康診断で悪玉コレステロールの数値が高いと診断された方は注意が必要かもしれません。悪玉コレステロールは、60から119mgが基準値です。それ以上の場合は食生活や生活習慣の見直しをした方が良さそうです。また、200以上ですと早急に病院を受診して治療を始める事になりそうです。悪玉コレステロールの数値が高いと動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞、心臓病や狭心症のリスクが大幅に上がります。ただ、それが分かっていても食生活の改善が難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。そのような方に人気なのがサプリメントです。ネットでも人気のあるサプリメントは、DHAとEPAと納豆キナーゼが配合されたものです。青魚に含まれるDHAとEPAは血液をサラサラにする効果があり、納豆キナーゼも納豆に含まれる血液サラサラにする成分です。毎日これらをしっかりと摂取するのが困難でも、サプリメントなら手軽に毎日続けられるのが人気の理由です。

改善の為に効果のある食品

また、悪玉コレステロールを下げる食品を積極的に摂取しようと考えている方におすすめな食品もあります。オメガ3脂肪酸が多いナッツ類です。料理にクルミを刻んでかけたりして積極的に取ることも可能でしょう。そして、悪玉コレステロールを下げる飲み物に緑茶もあります。意識しないで日々飲んでいる方も多いかもしれませんが、悪玉コレステロールを下げるのに効果がある事は知っておくと良いです。もちろん野菜を多めに摂取する事も大切です。ネットでは、悪玉コレステロールを下げるという簡単で美味しいレシピを見る事もできます。メニューが思いつかない時には参考にしてみると良さそうです。合わせて生活習慣の見直しが欠かせません。例えば禁煙や節酒や適度な運動です。ストレスを溜めない事も大切と言えるでしょう。

動脈硬化を引き起こす

男性のお腹

悪玉コレステロールをすべて消してしまうことは出来ません。身体に必要なもののため、血液検査などで要注意の値になっていない人は無理をしてコレステロールを減少させる生活を送ることはないと言われています。要注意の値になっている人は、食生活の改善などを行っていきましょう。

読んでみよう