多すぎは危険信号|悪玉コレステロールを減らす健康法

レディー

動脈硬化を引き起こす

男性のお腹

身体に悪いものではない

悪玉コレステロールと言われると身体に悪いもののように思えますが、実は人間の身体には必要なものです。悪玉コレステロールは肝臓で作られたコレステロールを身体の中の各臓器へと運ぶ役割をしているため、全くない状態では逆に身体が上手く機能しなくなってしまうものです。問題なのは、必要以上にその数が増えてしまうことで、増えすぎてしまうと血管の内側に溜まり血管を細くしてしまい、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こしてしまう可能性がある場合です。また、悪玉コレステロールを減らすためには食生活を改善することが重要です。しかし、コレステロールの約80%は体内で作られていて、食べ物から摂取する量は約20%だと言われています。食生活の改善だけでは悪玉コレステロールを減らすことは難しいのです。

魚と野菜を食べる

悪玉コレステロールが増えてしまった場合、薬を使ってその量を減らしていくことができます。しかし薬を飲みたくないというような人は、毎日の食生活を変えることでも悪玉コレステロールを減少させることは可能です。一番効果的なものは、魚類を食べることです。サバやイワシなどの青魚やマグロの赤身などに含まれている脂には血液をサラサラにしてくれる効果があるため血栓ができる予防が行えるのと同時に、血管壁についてしまったコレステロールを剥がす効果がある善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。他にも野菜を積極的に摂取すると野菜に含まれている食物繊維がコレステロールを減少させてくれるため、食事に積極的に摂りいれていくと良いでしょう。